AGA治療の技術というのは、長らく停滞しており成分などを配合を変えたりしてはいましたがその治療法自体に大きな革新は見られて来ませんでした。

しかし、ここ最近でAGA治療の中でもその絶大な効果によって新しくより成果を上げることができた治療が出来上がったのです。

その治療法というのがHARG療法というものです。

育毛活動が成功したイメージ イラスト

HARG療法

頭皮への注射によって、AGAを改善するというやり方自体はメソセラピーに近い治療法ですね。しかし、メソセラピーは従来のAGAの改善のために使っていた薬を注射するのに対しHARG療法というのは細胞成長因子というものを注射するという違いがあります。

細胞成長因子は、肉体の細胞活性化を促すための成分で様々な細胞への効果があるとされ、医療界でも注目を受けているものなのです。

細胞成長因子とは

幹細胞などから抽出できる、いわゆる全能性のある細胞ですね。主に骨髄や脊髄などにある幹細胞にある物で、あらゆる細胞に変化し成長を促すという効果があることから医療界でも研究がされているものなのですが、これをAGA治療に転用することで頭皮の毛母細胞などを活性化させるという治療アプローチをするものになっているのです。

いわば、毛根や毛母細胞の再生治療という形を取る治療法でその効果は9割以上の発毛効果があると言われています。

『AGAの歴史を変えるHARG療法とはどういったものなのかを知っておこう』のまとめ

HARG療法は、従来のAGA治療とは違い原因に対する対症療法ではなく根本を改善することによって治療する、という方法を取っています。なので、基本的にどんな原因のAGAに対してもある程度の効果を得ることが確認されていますし、何より一度行うことで大本を改善することができるので再発のリスクも減るのです。