AGA治療は、体質などによって相性の良しあしも変わるのですが中にはAGAの進行度合いがそれほど大きくなければ、あまり大がかりな治療法せずともAGAの症状を改善することもできます。

今回は、その中でも特に小規模な対策治療のひとつであるプロペシアについてを紹介しましょう。

遠くを見つめて櫛を入れる薄毛の男性 白黒

プロペシアとは何か

プロペシアとは、AGA治療に昔から使われている内服薬の商品名ですね。フィナステリドという成分が含まれているもので、AGAの原因と見られているDHTという体内の成分の生成を抑制するための薬となっています。

DHTというのは、男性ホルモンと5gリダクターゼが体内で生成するものなのですが、これが生成されることで薄毛になってしまうという男性ホルモンの中でも強力なものなのですがこれを生成させないようにすることで薄毛の解消をはかるという治療法です。

どんな人に効果があるのか
ズバリ、男性ホルモンのひとつであるDHTが原因で薄毛になっている人に効果があります。特に、体毛が濃かったりするなどの人はこのDHTの生成が多いという傾向にありますので、体毛が濃いのに薄毛になっているという人にはプロペシアを用いたAGA治療はかなり有効だと見られています。

しかし、あくまでもこれはDHTの生成を抑えるための薬なのですでにAGAの症状がかなり進んでしまっている人には効果がない場合もあります。

『薄毛の始まりはプロペシアで治療するということを念頭においておいた方が良いかもしれません』のまとめ

プロペシア治療は、お手軽にすることができるものではありますがその分どうしても効果は絶大だ、ということが言えないという面もあります。

なので、プロペシア治療はまだまだ薄毛がそれほど目立つわけでも気になる程度の人ではないと、あまり効果がないという場合もあります。